コスト削減事業立ち上げ支援

LEDビジネスによる業務改善と収益向上

LED市場の動向

エネルギー基本計画(2014年4月に経済産業省が発表)
→2020年までに生産100%、2030年までに設置100%の普及を目指す方針とする。

パナソニック


パナソニック

東芝ライテック


東芝

今、管理会社から推進でLED照明を導入するべき理由

1.オーナー主導にてLEDに交換した場合のトラブル事例

ネットで安価な海外製品や工事不要タイプを
購入し交換をした場合

故障多発により交換頻度は変わらない

非常用照明を上記同様のLEDに
交換をしてしまった場合

消防法の違反により、
罰則や再交換が必要になってしまう可能性があり

2.今、LED照明を交換する理由

LEDが本格的に普及し始めたのが、2014年です。
不動産物件においても、築2014年以降の物件は竣工時からLEDになっている場合がほとんどです。

LEDの定格寿命は40,000時間(一日12時間点灯で想定すると約10年)となりますので2024年にはLEDからLEDに交換する需要の拡大が見込まれます。

需要拡大にもかかわらず電気工事の職人不足により、工事費の高騰の懸念があります。
よって、LEDを導入するなら「今」。2021年~2024年の間が最適です。

LED照明導入のメリットとは

コスト削減

1.照明電気代のコスト削減

LED照明に交換をすることで、従来の蛍光灯や白熱球に比べ総電力量(W)を抑えることが可能なため、電気代の削減に繋がり、最大約75%の消費電力を落とすことが可能です。
※実際には現地調査を実施して各物件ごとの削減シミュレーションにてご案内をさせて頂きます。

管理

2.維持管理コストの削減

従来の蛍光灯や白熱球と比べ約40,000時間と長寿命なLED照明にすることで、電球交換にかかるコストを抑えることが可能となります。
電球の在庫管理や倉庫代なども不要になりますので、大きな削減効果が見込めます。

3.最新器具導入で資産価値UP

最新のLED照明にすることで資産価値UPや入居者の満足度の向上、防犯対策効果などが見込めます。
どのような照明を導入するかは弊社スタッフと相談の元、器具の形や色などのカスタマイズも可能です。

害虫

4.衛生面の改善

LED照明は虫が好む紫外線が蛍光灯や白熱球に比べて少ないので、性質上、虫が集まりにくくなります。
内見時の印象を良くしたり、衛生面を気にする入居者様の転居防止も見込むことが可能です。

Buzz Areaの強み

初期導入費用0円
無償譲渡型リースにより初期導入費用をかけずに導入が可能です。

どこよりも安く
集客方法を口コミ、紹介、セミナーに絞り広告費用を一切かけない事で、業界トップクラスの価格でご提供が可能です。

製品品質&保証内容
製品品質の高い大手国産メーカーより器具を選定しております。 弊社独自のフルメンテナンスの保証期間もご用意しております。

より細かな削減シミュレーション
電気料金だけではなく、既存照明の定格寿命より算出したランプ交換コストも含めたより細かな削減シミュレーションでご提案致します。

全国での導入実績
アパートマンション専門で全国2,000棟をこえる施工経験からよりパフォーマンスの良い照明を選定可能。 地域ごとに別々の業者に依頼をする事なく同品質の提案が可能です。

お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

業務改善と利益向上

交換頻度減少によるコスト削減効果

コストダウン

現地調査依頼・お問い合わせ

無料にて現地調査をさせて頂きます。
下記のフォームからお問合せください。
無料現地調査、お問い合わせ